西日本豪雨と名付けられた

今回の大災害。。。

 

私の住んでいる地域も、

少なからず影響を受けました。

 

過去に大雨や台風で

川の水が増水したことは

何回かありましたが、

今回の豪雨は予想をはるかに超え、

生まれて初めて避難を余儀なくさせられました。

 

私の住んでいる街では

過去に洪水により

ひどい被害を受けています。

そのため、

大雨やそれに対する避難に関しては

それなりに対策してあったはずなのですが。。。

今回、避難するにあたって

いろいろな問題点が見つかりました!

 

そのこともふまえて、

私たちの住んでいる地域における

災害状況と避難状況について

書いていきたいと思います。

 

避難開始までの状況

7月6日の午後18時過ぎに

河川氾濫のおそれによる

緊急速報メールが届きました。

 

その時、私はのんきに

家族と外食をしていたのですが、

全く危機感を感じておらず

一部の地域は大変だなぁ。。。

と他人事のように感じていました。

 

用事があり、私だけ先に

家に帰ったのですが、

その帰りに

いつも通れるはずの川土手が通行止めになっており、

道路の一部が冠水して

タイヤが半分浸かるくらい水がたまっている所があって

さすがにこれはただ事ではない!!!

と初めて感じたのです。

 

その後、次々に緊急速報メールが届きました。

午後19時40分に特別警報、

午後20時過ぎに避難指示が出されました!

 

私は、なかなか帰ってこない家族に苛立ちながら、

電話ですぐ帰ってくるよう伝えました!

 

私の家はすぐ近くに川が流れているので、

家族が帰ってくるまでの間に

川の様子を見に行ってしまいました。

(危ないのは承知していましたが。。。)

 

地元のケーブルテレビや、

近所の人たちが

様子をカメラに撮ったりしていましたが、

みんな口々に

こんなに増水したのは初めて。。。

どうすればいいん?

などと戸惑った様子で話をしていました。

 

そうこうしているうちに家族が帰ってきたので、

どうするか相談しました。

とりあえず、車だけは浸水しない場所に移そうということになり

近くの立体駐車場に移動させました!

これも私にとっては初めての経験でした。。。

 

避難場所確保から避難開始まで

避難指示が出てからしばらくは

テレビやインターネットで

情報を集めていましたが、

地元の情報がなかなか手に入らず

けっきょく、また川の様子を見に行くことに。。。

 

19時くらいに川の様子を見に行ってから

まだ1時間足らずしか経っていないにもかかわらず

水位は2m近く上がっていたように感じました。

隣の家の人に出会ったので

「避難どうされます?」

と聞くと、

「旦那が消防団で行ってしまったんで、子供と二人きりでどうしようか悩んでいたところ。。。もし避難するときは声かけてもらえませんか?」

とのことでした。

さすがに、そろそろ避難しないといけないか?

と思い始めたころ、

家の外がにわかに騒がしくなり

常会の人たちが集まってきました。

 

母が常会の人たちと話し合っているときに

私と父と祖母は

家の1階にある電機機器を

2階に上げる作業をしました。

 

そして、いざ避難という段階になり

またもや、問題が。。。

 

先に避難したと思われる近所の人が戻ってきて

避難場所に指定されているはずの

中学校の鍵が開いていない!!!

とのこと。。。

なんで?じゃあ、どこに避難すればいいん?

何人かが集まってプチパニックを起こしていました。。。

 

とりあえず、避難できる場所。。。

ということで、みんなで

図書館に避難することに!!!

 

私たちは先に避難しましたが

母は、独り暮らしのお年寄りにも

声をかけるといって

常会の家々を回っていました。。。

 

図書館は避難場所に指定されていなかったようですが

河川の氾濫の危険があるとのことで

4階を開放して避難場所にしてくれていました。

 

やっと落ち着いたのが22時ごろ。。。

後で知ったことですが、

この時間帯の水位が一番高くなっていました。。。

 

避難所での情報不足

避難してからは

全く河川の状況や、まわりの様子がわかりません。

テレビは、建物の1階に据え置きのもののみ。。。

しかも、テレビでは

地元の様子はまったく放送しておらず

ニュースで他の地域に警報が出たのを

知るのが精いっぱい!

これはさすがに困りました!

 

唯一の情報源と言えば。。。

ラインでの知人からの情報のみ!

 

別の避難所に避難した人からの避難情報や

ライングループのメンバーの安否確認など

すべてが個人のつながり任せでした。。。

 

夜なので外は真っ暗。。。

川の様子も見えず、

不安なまま一夜を過ごしました。

 

明け方になると

高齢の方はすでに限界。。。

避難指示は解除されていませんでしたが

目に見える範囲での被害はなかったため

家の様子が気になると言って

帰っていきました。。。

 

とても恐ろしいことですが。。。

実は、この時点では、まだ水位は上昇中!

危険は去っていませんでした。

 

ですが、今回は私たちの住んでいる地域では

ほとんど被害はなく

最悪の状態を免れることができました。

 

まとめ

西日本豪雨では

私の住んでいる地域でも

避難指示が出ました。

生まれて初めて

避難の経験をしました。

 

避難場所の確保や

避難場所での情報不足など

いろいろな問題点が見つかりました。

 

少し状況が違えば

私も大きな被害に巻き込まれていたかもしれません。。。